FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調教が崩れる時、戻る時、
 私(龍)が乗馬を始めて間もない頃、15年以上も前の話ですが、貸与馬(乗馬クラブ所有の借りてきた馬)に跨り駆け足の練習をしていた時の事です。

 その馬は少し癖の有る牡馬で、競技会ではジャンプ系の競技でそこそこの成績を収めるものの、乗りこなすのが若干難しい馬でした。私はそれを望んで乗っていたのですが、その日は当初からいつもより調教が崩れていて上手く乗りこなす事が出来ずにいました。

 調教が崩れる・・・とは、特に貸与馬で起き易いのですが、色んな人が跨りその都度命令の出し方が異なったり人馬の相性が悪かったり、或いは間違った乗り方をして、馬の側が混乱してしまい命令拒否や反抗を繰り返す様に成り、その状態が続いてしまう事を言います。

 つまり、当日、私が跨る前に既に数名が跨っていて、その際に跨った人が馬に拒否癖や反抗癖を付けてしまい、その状態のまま私はその馬を引き継いだ訳です。

 しかし、乗りこなす(と言っても駆け足の発進と継続ですから初歩の初歩であり、乗りこなすという言葉は適切ではないのですが)事が出来なければ、とうてい駆け足の練習など出来ませんから、何とかして崩れた調教を戻さないといけない訳で、つまり反抗癖・拒否癖を直して命令に従順な状態に戻す事を最優先しなければいけません。

 ですが、私には当時、二つのハードルが有りました。

 1つ目は、崩れた調教を直すには馬場の状態に無理が有った事。

 2つ目は、当時の私にはグダグダに崩れてしまっていた調教を直せる程の技量が有るか?と言えば、はなはだ疑問が有った(但し、やってみたい気持ちは有った)事です。

 馬場の状態に無理が有ったというのは、馬場馬術競技に使われる馬場の半分程度(つまり若干狭いスペース)の中に馬が5頭ほど居て隊列を組んで練習していた為で、その隊列を崩して独自に馬場内を駆けると他の4頭に御迷惑がかかってしまう為です。

 では、どうやって調教を直したかと言いますと、そのクラブ所属のインストラクター(つまり調教師)に御願いして直してもらいました(ちなみに海外で乗馬する際に貸与馬で同様の状態の馬に当たってしまった時、英語圏ではShe's/He's not ready.などと調教師に伝えると直してもらえます。相当の自信が無ければ、その馬に慣れている現地の人に直してもらってから乗った方が良いと思います)。私が依頼したインストラクターは女性でしたが、数多く居るインストラクターの中で私が最も目を付けていたといいますか、最もサディスティックでありながらも愛情にあふれた女性で、スポーティーで爽やかな印象のボーイッシュな女性でした。つまり、彼女の一面(主に調教の仕方)を見習いたいと思っていた訳ですが、恐らく私がM男だったら、それ以上のものを感じていたであろうと思います。

 彼女は、最初に馬場内の馬を全て外に出し(従って、その時に乗馬クラブに居た人々の注目を浴びる結果に成りました)、次いでその馬に跨りましたが、馬は早速反抗しようとしてあらぬ方向へ勝手に動き出そうとしましたが、彼女は一瞬の間を置かず短鞭をいつに無く3回強打、次の瞬間、馬は狂った様に勢い良く駆け出しましたが、この間およそ2~3秒であったと思います。彼女の素晴らしい所は、突然駆け出した馬の鞍にぴったりと尻を密着させていた事で、これはとても難しい事ですが、乗馬では最も重要な事でもあります。

 しかし、見所はその後で、彼女は暴走する馬を徐々に沈静させつつ、気迫のこもった拍車で明確な命令を出し、馬が命令に従う様に成るに連れて、いつになく多めに愛撫してあげていました。馬もそれに応える様に命令に従順に従う様に成り、次第に馬は口角に泡を溜めて滝の様に汗をかきながら活発に躍動的に動き出し、およそ10分程度でしたが馬の状態が見違える程に良くなっており、彼女が下馬する際には乗馬クラブ全体から拍手喝采を浴びていました。(ちなみに口角に泡は馬が手綱を受け入れ従順に反応している事を端的に表しています)

 ここで間違えてはいけないのは、新たに調教を加えたのではなく、元の状態に戻したという点です。

 さて、拍手喝采を浴びて注目の中、次に跨るのは当時の私ですが、乗ってびっくり、先程までとは別の馬かと思う程にキビキビと命令に反応してくれて、とても快適に練習が出来ました。

 この経験、私の中では乗馬というよりSMに応用しています。そのポイントは上記の中に多数有りますが、とは言えSMへの応用に付いては言葉で簡単に表現する事には難しい面もあり、ブログに記載するのは困難かもしれません。今回の記事の雰囲気から(といっても、私の下手な文章では、それさえも難しいかもしれませんが)調教が崩れる時の一つのプロセスと、それを戻す事がどんなものであるか汲み取って頂ければと思います。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

乗杉貴代子 ( ダイアナ夫人 ) の物語
 乗杉貴代子 と ダイアナ夫人 と言われてピンと来る人は奇譚クラブの読者であって、その中でも極限られたM男性の方ではないでしょうか?(このブログ記事では、そういったM男性を失望させる様な記述があるかもしれません。)私の様に2013年に成って初めて奇譚クラブを読み始めて彼女に注目した様な人はまず居ないのではないかと思います。

 ですから、それ以外の人にとっては全く縁の無い、といいますか乗り過ぎな名前のペンネームでもあり何者か全く判らないと思います。

 実際、このブログを書いている私(龍)本人も人物像が掴めていません。女性とされていますが男性の可能性も否定出来ません。但し、書かれている事は乗馬の実態をかなり正確に捉えておりますので、実際に乗馬をされている方が書いている可能性が高く、少なくとも取材目的で数回程度の体験乗馬は経験していると思われます。逆に言うと本格的に乗馬をしているという所までは到達していない様にも見受けられます。馬装や乗馬服なども実用面よりフェチ要素へのフォーカスが著しく、また、生活習慣は旧華族や資産家・大地主・医者等の家柄又はそういった人から支援を受けている方ではないかと思われますが、そういう設定で取材を重ね或いは小説や伝記などを読んで勉強などして書いている可能性も否定出来ません。

 一つの候補として沼正三の「ある夢想家の手帖から」に登場する英伊混血の当時在日していたとされるD.Q.夫人(ダイアナ夫人とイニシャルも一致)ではないかとも思っています。但しこの人物も架空の人物である可能性があり森下高茂による創作の可能性などが疑われており、私もその可能性又は森下高茂が生活を共にしていた金髪女性との合作ではないかと疑っています。

 なぜSの私がこの人物に注目したかと言いますと、同じ乗馬を趣味とし(少なくとも一般の人より興味が高いという意味で)、かつSM愛好家という共通項に加え、乗馬関連では実用面よりフェチ要素へのフォーカスが著しく、その異様な執着心に惹かれたのだと思います。

 私の知る限りでは奇譚クラブの昭和29年(1954年)1月号(通刊68号,8巻1号)で「サド女の處女期 ダイアナ夫人」というタイトルの乗馬を趣味とする活発な女性の物語が初投稿で、その後、同じ人物を描いた短編が幾度か掲載されている様です。

 と、昨日の『家畜人ヤプー』に引き続き脳内垂れ流しの長ったらしい前置きに成ってしまいましたが、家畜人ヤプーより3年前に最初の物語が掲載されておりますので少なからず影響を与えた可能性がありそうです。それを踏まえて早速、掲載号をまとめております。

奇譚クラブ本誌掲載『乗杉貴代子』の掲載号一覧と目次

通刊064号 08巻01号 昭和29年(1954)01月号 P130 サド女の處女期 ダイアナ夫人
KK5401P01.jpg 目次KK5401P06.jpg

通刊068号 08巻05号 昭和29年(1954)05月号 P104 サド女の人妻期 ダイアナ夫人
KK5405P01.jpg 目次KK5405P06.jpg

通刊100号 11巻10号 昭和32年(1957)11月号 P064 ダイアナ夫人 未亡人期(一)
KK5711P01.jpg 目次KK5711P06.jpg

通刊101号 11巻11号 昭和32年(1957)12月号 P072 ダイアナ夫人 未亡人期(二)
KK5712P01.jpg 目次KK5712P06.jpg

通刊107号 12巻06号 昭和33年(1958)05月号 P160 ダイアナ夫人 障碍への道
KK5805P01.jpg 目次KK5805P06.jpg

通刊112号 12巻11号 昭和33年(1958)09月号 P118 裸馬との対話(沼正三に宛てた裸馬騎乗体験記)
KK5809P01.jpg 目次KK5809P06.jpg

 この様に後半は家畜人ヤプーの掲載と重なる時期に掲載されており、何らかの関係や、同一人物の関与なども有ったのでは?と勘繰ってしまいます。

--エピソード--
掲載回数6回のうち2回(29年は表紙掲載タイトルが無い為、実質1/2)という超高確率で表紙を飾る快挙を遂げている事から彼女の注目度の高さが窺える。もしくは内部関係者の関与か?
 
乗馬服姿に対する崇拝
乗馬服姿に対するフェティシズムの一種。

 乗馬服といっても多種多様ですが、馬術競技毎に厳格なドレスコードが有ります。

 SMにおける乗馬服姿に対するフェティシズムは、乗馬服が元々男性向けの服装スタイルである事から男性的な強さの象徴

戦前は女性(特に上流階級の淑女)が大股を開いて乗り物に跨る事は破廉恥とされていた時代でもあり、女性が馬に跨る事自体が少なかったと思われます。アマゾンスタイルという両足を揃えて横乗りする騎乗スタイルが女性向けとされ正式なドレスコードはロングドレスであり、従って女性がドレスではない乗馬服を着た場合、それは元々男性の服装スタイルという事に成り、男性と同じ土俵で競技に参加する事を意味します。

であり、また鞭や拍車(はくしゃ)を装備している事から調教を連想させ、女王様/ミストレスを崇めるM男の構図などがそのまま当てはまりますが、公衆の面前で拍車を装着し鞭を手にしていたとしても戦前は普通の見慣れた光景であったし、戦後においても馬術関連施設とその周辺地域であれば(鞭を携帯せず、かつ、小型の棒拍程度であれば日本中何処でも)パブリックスペースにおいて違和感無く存在出来る点でボンデージ姿の女王様とは大きく異なる。

 乗馬をあまり見掛けなくなった現代においても、乗馬クラブや馬術競技会会場及び会場周辺レストラン等では普通に見掛ける光景であり、その姿のまま長靴で踏みつけ、拍車を突き刺し、鞭を当てるといったSM行為が即時実行可能であり、そこから想像を膨らませる事でフェティシズムに文字通り拍車を掛けるであろう事が容易に想像出来る。

ブリティッシュ/イングリッシュ スタイルの乗馬服姿
 ドレッサージュの公式な場での乗馬服は、基本的には燕尾服にトップハット(シルクハット)と皮手袋で、女性も燕尾服ですが、パンツ(ズボン)は現代(特に女性の場合)は動き易さを重視したスパッツに近い足腰の形にぴったりフィットした伸縮性の高いキュロット・パンツで内股に皮製のパットがあてられ、履物は長靴に小型でスマートな拍車で、鞭を携帯します。これ以外に競技会等において許される服装は自国の正式な軍服、又は下位クラスのみ乗蘭(ジャケット)と山高帽(bowler hat)又は猟騎帽(hunting cap)も許されているクラスが有ります。

 ジャンプの公式な場での乗馬服はドレッサージュに準じる訳ですが、燕尾ではなく乗蘭(ジャケット)、シルクハットではなく猟騎帽(ヘルメット)が使われています。普段の練習においてはジャケット及びシャツ以外は基本的に同じ服装で、野外騎乗や狩猟も同様ですが狩猟に際しては狩猟に特化した特殊な装備もあり、役割によってジャケットの色が決められていたりします。

ウエスタン スタイルの乗馬服姿
 ウエスタン競技の公式な場での乗馬服は、ウエスタンブーツに大きな回転式の拍車、ジーンズ、チャップス、襟付きシャツ、テンガロンハットが基本で、日本国内では西部劇などで目にする姿ですが、国内でも馬術競技会では実物を目にする事が出来ます。競技のルールとしてこれらの着衣が義務付けられており、競技中にテンガロンハットを落とすと減点などの厳しい採点ルールが有ります。ウエスタン競技の特徴の一つとして牧畜作業を基本としている為に手を封じてしまう鞭は基本的には持ちませんが、バレルレースの様なスピード競技では使われる事も有り、また、牛追い系の競技においては捕縛用のロープを手にす事があります。ウエスタン乗馬服姿の女性を見る場合にフェチの対象と成り易いのは先の尖ったウエスタンブーツに大きな回転式の拍車や、チャップスの割れ目からのぞく大きな尻であろうと思います。それを強調するかの様にハイウエストでポケットが無くヒップラインを最大限強調した女性用ジーンズがアメリカ国内の乗馬洋品店で売られており、乗馬クラブや競技会場などで着衣姿を目にする事が出来ます。
ポニーガール
 M女を馬(主に馬車馬)に模したロールプレイとして知られています。

 ポニーとは比較的小型の馬種の事で、成人男性が騎乗すると不恰好に映る為、子供や小柄な女性の乗馬として或いは一頭立ての小型馬車用の馬車馬として使われる事が多く、M女を馬に見立ててロールプレイをした場合にもこれと同様に騎乗しては不恰好に映り、とても乗用には耐えられませんが、小型軽量馬車の馬車馬としてなら、ちょうど人力車の様に軽快に使役させる事も比較的容易で、従って馬車馬としての美しい歩様に向けての調教や、馬車馬としての馬具の装着、実際に馬車を引かせる行為などがポニープレイの主な内容に成ります。

 別の側面として、馬は体格が大きい品種ほど性格がおっとりしていて長時間労働に良く耐えますが、逆に小型の品種であるポニーは女性のヒステリー同様に短気を起こす性格の馬が多く長時間労働には向きません。ポニープレイにおいても、じゃじゃ馬ぶりを見せるが同時に華奢にも見えるM女を調教し馴致してゆく過程を楽しむといった意味が込められているのかもしれません。

 本格的なポニープレイには専用のオーダーメイド馬具と、気品の有る小型軽量の乗用馬車が必要で経済的なハードルが高いのですが海外では実践されている方々も多く見受けられます。特に、ポニープレイでは牽引するものが馬車ではなく荷車その他の場合に馬が馬車馬ではなく駄馬(*1)や農耕馬としての扱いに成るなど、馬車の装備はそのまま馬の品格とも結び付き、乗り手のステータスを表す事にも成ります。

 国内でも奇譚クラブにはポニーガールが多数登場しておりましたが、近年の本邦におけるSMでは殆ど見掛ける事が無くなってしまい、極少数の方々によって実践されているのみです。

 仮に、ポニーガールとしての競技会が有るとすれば、美しい姿勢、美しい歩様、命令への完全な服従などが採点項目として挙げられ、命令拒否は減点という事に成るでしょう。従って調教の目標もおのずと美しい姿勢を長時間キープする事や、規則正しく高くて抑揚のある優雅な足様で歩き又は走る事、手綱操作に対しては即時かつ従順に応答させるといった事に成り、これらを満たせないポニーは駄馬という事に成ると思います。

※1:駄馬と言っても、馬車馬も駄馬の一種ですが、牽いている馬車や馬装によって品格が問われるのは確かです。
馴致(じゅんち)と調教
 本来、調教とは痛めつける事が目的ではなく、人が意図した通りの作業を馬などの動物にさせる為のトレーニングを重ねる行為を指し、そして馴致(じゅんち)とはその作業や場の雰囲気などに馴染み抵抗無く受け入れ易い精神状態に仕込んでゆく過程をあらわしています。例えば乗馬での馴致と調教は数年~10年程度掛けて特定の競技や使役に適した状態に向けて少しづつ完成に近付けてゆく長期的で段階的かつ計画的な物であって、たった数時間程度の一過性の行為を指す訳ではありません。およそ3倍の寿命を持つ人間であれば30~40代に成ってようやく調教が完成すると考える事も出来るでしょう。

前提条件
 馴致と調教に先立って行われるべき事として、主従/師弟/慈崇/上下/先後/優劣など立場の違いを明確に意識させる事が重要に成ります(もちろん立場の違いが曖昧なSMプレイもあり、それを否定する訳ではありません)。つまり、どちらがボスで、どちらが子分なのかを御互いに共通認識していないと馴致や調教は何も始まりません。体力面だけの優劣は殆ど無意味で、精神面での共通した立場認識と、その立場なりの一貫した姿勢と態度が必要です。運良く自然とそうなる事もありますが、常に意識しておく事で、より明確に成り効果も高まるでしょう。但し、何も無い所から突然天と地ほども立場に差を作っては受け入れられない事もあるでしょうから、その辺りは臨機応変な対応が必要です。

立場に対する意識の状態としては、

            無自覚/未認知
                ↓
 拒絶/嫌悪 ⇔ 抵抗 ⇔ 未同意 ⇔ 同意 ⇔ 享受


が有り、曖昧でふらついている時も有りますが、拒絶/嫌悪の状態から抜け出す事が出来れば馴致/調教可能です。但し法的には最低でも同意が必要です。そして当然の事ですが享受している状態に近付く程に馴致や調教の効果は高まり、逆も然りです。予め信頼関係が構築されていれば最初から良い状態でスタート出来るでしょう。

馴致(じゅんち)
 通常、調教に先立って馴致が必要です。
 SMにおける馴致は、例えばアナル開発を例にすると、初期段階で軽くアナルに触れたり、優しい言葉で誘導しながらローションを塗り込んで指先を僅かに挿入するなどして徐々にアナルに対する抵抗感を取り除き、小型で細いアナルプラグに慣れさせる所から始め、長期間掛けて目的の太さまで徐々に拡張してゆくような行為がまさに馴致と言えます。その際に抵抗感や恐怖感を感じる事無く、むしろ積極的に受け入れ自らプラグ挿入を欲する様に成れば馴致の成功と言え、逆にアナルに対する抵抗感や恐怖心を植え付けてしまった場合は馴致の失敗で、これを取り戻す事は困難な事も多いのですが、仮に恐怖心を植え付けてしまったとしても、Mの気質としては自己の恐怖心さえも快感に換えてしまう(恐怖心を快感に換える事が出来るか否かは本人の気質次第でもあり、むしろ逆効果となって命令に対する拒否癖が付いて悪習になり、それが進行すると拒絶/嫌悪状態に成ってしまう可能性もあり要注意)所にSMの醍醐味とでもいうものが潜んでいる様に思います。これとは別に、恋慕/思慕/畏怖感情などがハードルを低くも高くもするでしょう。

調教
 SMにおける調教は時として漠然としていて単にSMプレイの事を指すと思われがちですが(もちろん他人が彼らの世界感の中でそれを調教と呼ぶ事に異議を唱えようとは思いませんが)、本来の意味から云えば本人又は依頼を受けた調教師がM女/M男に対して何らかの目標を設定し、その目標を達成出来る様にトレーニングを積み重ねる事を指すべきで、その過程で「命令」に対して「反抗」した場合にのみ鞭などでを与え、逆に「従順」であった場合は愛撫などで褒めてあげる事によって、いわゆる飴と鞭によってトレーニングを積み重ねて目標に近付けてゆく行為を指すべきであろうと考えています。但し、Mにとっては度重なる鞭の打擲によって鞭が飴に成り得る所にSMの醍醐味とでもいうものが潜んでいる様に思います。

 例えば正座をさせ土下座させて挨拶口上を述べさせる調教を行う場合、当初は一連の流れを大まかに教え込み、概ね流れを覚えた時点で愛撫などして褒めてから終了し成功体験を植え付け、その後は段階的にハードルを高めて行き、正座の作法、土下座の角度や頭を下げている時間、挨拶口上の感情の込め方や一字一句に至るまで厳密に定め、少しでも間違えた場合は即時打擲し、又、教えた通りに出来た時は直ちに愛撫して褒めてあげるなどして完成度を高めてゆく行為が調教と言えるでしょう。何の目標も無く、命令に対する反抗が有った訳でも無く、ただただ鞭打つ様な行為は単なる一過性のSMプレイ或いは虐待であって調教とは言い難いでしょう。調教のハードルは進行状況や錬度によって設定されるべきで、錬度から掛け離れた難易度の高い行為を突然強要するのはかえって全体の調教を崩し、調教が後退する危険があり目標達成の為には避けなければいけません。最終的にSがMの所作を見て感動する所に到達すれば調教は成功と言え、調教の結果として駿馬と成るか駄馬に終わるかは調教師の技量とMの素質次第です。そして、調教が完成した駿馬は如何なる命令にも(実行の可否に関らず)死の直前まで服従の意志を示し、命令を与えた者は最終的な結果に対して全責任を負う覚悟が必要でしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。