FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一方的なサディズム映画
 SM映画ではありませんが、私(龍)が今迄観てきたどのSM映画よりもサディスティックであると感じた映画を御紹介します。

 相手の女性がM女ではない為に一方的なのですが、サディスト男性による相手の女性に対する想いが動機となり全ての発端となっている為に一方的なサディズムとしてみました。

 今回掲載します2作品は被虐に遭った女性から加虐した側の男性に対する復讐劇であり、復讐する女性が主人公で、かつその復讐を困難にする圧倒的な力をサディスト男性が持っているという共通点が有ります。結末まで同じですから、元ネタというか骨子が同一の何かを取り入れているのでしょうね。

 私は色々な視点で観ましたが、もちろん加虐した側の男性視点でも観ています。脚本家まで視点を引いてしまうと商業的なものまで見えて醒めてきますが、加虐した側の男性視点がサディストにとっては一番楽しめるのではないでしょうか?

Kill Bill
 実写のエンターテイメント作品であり架空の世界観上に展開される物語ではありますが、私(龍)の様にアメリカに住んでテンガロンハット(カウボーイハット、アメリカで乗馬している人は単にHat:ハットと言う)をかぶって乗馬していた経験のある日本人なら色んな意味で楽しめる作品ではないかと思います。ハットをかぶる意味を知っているだけでも見え方が違ってくると思います。加えて、特に私は交通事故後に主人公と似た体験を数多く経験している為、それはもう観るに耐えないくらいに楽しめました。フィクションと私自身の現実の体験記憶の間を往復しながら何度も観てしまいました。ホラー的でもあり、不思議なリアリスティックも有ります。
 普通の人には冒頭シーンから観るに耐えない作品ではありますが、Billの強烈なサディストとしての・・・ネタばれしてしまうので、これ以上は書きません。

BLOOD-C The Last Dark
 CLAMPによるBLOOD The Last Vampireの書き直しアニメですが全くの別物でもあります。CLAMPが女性集団である事は映画を観るにあたって予備知識として抑えておいた方が良いと思います。
 この作品はBLOOD-Cというテレビアニメの続編でもあり、目覚める前と後という違いが有り、この映画を観るにあたってテレビアニメは前振りとも言えます。アクションシーンが攻殻機動隊に似ている事やCLAMPとBLOODの係わりなども含め藤咲淳一が関係しているかもしれませんが、この点をここでは深堀しません。
 同じくCLAMPのXXX HOLiCに登場するオッドアイの主人公も(テレビアニメの時から)時々登場しますのでXXX HOLiC籠を観た(読んだ)経験の有る人なら理解が進むと思いますが、逆に意外に感じるとも思います。それにこの大量の血液は文科省の御墨付きが有るのが不思議なくらいの流血っぷりです、日頃から経血を目にしている女性だからこそ描ける絵かもしれません。ギモーブの設定なども、とってもサディスティックです。

 しかし、人は日頃から牛肉や豚肉や鶏肉などを大量に食べている事を考えると色々考えさせられます。卵料理などは、その最たるものですね。それを意識しているか否かは別として、その多くは受精していないとは言え生まれる前の命を食べる訳ですから・・・
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
願望#2
 昨日の続きとなります
  
 
 
 
 ※警告※
 恐らく、一般の方が御覧に成られた場合、とても残虐で吐き気がする程の内容ですから御注意下さい。
 
 
 
 
 私の心に秘められた実践される事の無いであろう願望を書きます。
 
 
 
 
 ここからの続きと申しましても、それから約2年後、四肢の切断が終わり縫合痕が完全に塞がって安定期に入ってからの、或る日の午後を想像して、、、

 ダルマにしたM女には、牛革製の頑丈な(ビスチェに近い形の)コルセットを着用させ、そこに取り付けられた金具を使って壁掛けテレビや絵画の様にして壁面に設置し、着せ替えを楽しんだり、くすぐったり、抓ったりして楽しめそうです。

私「今日はこんな下着をしてみようか」と無地の白い下着をとりだす。

壁掛けM女「そんなの嫌よ、ていうかよく見付けてきたわね」

私「なんか無地の白って清楚な感じが好きなんだ」と言いながら着せる。

壁掛けM女「嫌って言ってるのにぃ」と言いながら真っ赤な顔でじたばたする。
※四肢が切断されている為、抵抗は無駄に終わりますが、この時のじたばたする様子が可愛くて愛おしくてしかたない訳です。

私「ほら綺麗になったよ」と言いながら少し愛撫しつつキスしてあげる。

壁掛けM女「キスで誤魔化そうとしても駄目だから」と相変わらず真っ赤な顔

私「あれれ、着せたばかりなのに、もう染み作っちゃったの?」

壁掛けM女「もォ・・・」

私「せっかく綺麗に仕上がったのに、ここだけはだらしないな」

壁掛けM女「・・・」

私「2択だ。この染みの蓋として電マをあてるか、だらしなくした罰としての鞭。どっちか選べ。」

壁掛けM女「どっちも嫌!」

私「即答、しかも両方か。贅沢だなぁ(笑」

と言いながら右足の付け根に電マを取り付け、足を僅かに開いた状態で電マが染みの部分にギリギリ触れない位置で固定。弱スイッチON。

壁掛けM女「いや、だから、違うって」

私はグラスファイバー製の短鞭を反対の左足太ももに沿って軽く滑らせてから一打擲「ビシ」と入れる。音は小さいが重くて細い痛みが彼女に走る。

壁掛けM女「ひとつ、、、イタタタ」
※一打擲ごとに数える様に仕込んである為、特に命令しなくても数え始める。

私は更に続けて2発、鞭は小さく音をたてる「ビシ」「ビシ」

壁掛けM女「ふたぁつ、みィっつぅ、イタぁィィィ」

次に電マが仕掛けてある右足にも一打擲「ビシ」と入れる。と、彼女は鞭を避けるふりをして右足を少し動かしハプニングを装って電マを染みにあてるが、不自然に長時間押し付けてしまう。

壁掛けM女「よォっつぅぅぅ」

彼女は既に目が怪しい。

私「やっぱり両方好きだな(笑」

壁掛けM女「はふぃ」既に心ここに有らずといった感じだが何とか回答する。

私は更に立て続けに3発の鞭を入れる「ビシ」「ビシ」「ビシ」

壁掛けM女「いつ、いっつ、いィ」と何を言っているか判らない状態で痙攣

私「数はどうした?」と言いながら更に2発「ビシ」「ビシ」

壁掛けM女「いぐ、いっ・・・・」と幾度か痙攣して硬直して果て、電マの音だけが部屋に響いていた。

私は電マのスイッチをOFFにして、壁から彼女を取り外し、ベットへ連れて行ってコルセットを緩め、唇にキスをしてから一緒に添い寝してあげた。

願望
  
 
 
 
 ※警告※
 恐らく、一般の方が御覧に成られた場合、とても残虐で吐き気がする程の内容ですから御注意下さい。
 
 
 
 
 私の心に秘められた実践される事の無いであろう願望を書きます。
 
 
 
前置き解説:
 麻酔は、手術の様子が判る様に出来るだけ局所麻酔にします。麻酔しないと痛過ぎて気絶してしまうかもしれないので、気絶予防の麻酔です。

 腕の関節には大胸筋や後背筋など主要な筋肉がくっついていて、これらは上半身の体形を形作っているといっても過言ではありませんから、上半身の体形維持の為にはこれらを残して肘の関節手前で腕をカットします。骨より皮と肉を長めに残して止血・縫合、ドレーン管を使って排血しながら同時に輸血をしつつ傷口が塞がるまで付ききりで看病してあげます。

 足も同様、お尻や腰の形を残したいので、主要な筋肉の付け根までは綺麗に残してカットします。

 筋肉は、使わないと数週間でエネルギー源として燃焼されてしまい瘦せ細ってしまうため、定期的に電流を流して直接筋肉に刺激を与えて形を維持します。


一つのイメージとしては、こんな感じで・・・

「これからお前の右腕を切断しようと思うんだけど?」

M女「はぁ?何言ってんの、ばっかじゃない」

「嫌なのか?」

M女「あっ、当たり前でしょ」※想像してちょっとドキドキしてる

「とりあえず全裸に成って、その手術台に上れよ」

M女「ていうか、もうはじめちゃう訳?」※ドキドキMAX

「いやいや、今日はシュミレーションしてみるだけだ」

M女「本当に今日は切らないでしょうね?」※少し怒った顔で服を脱ぎだす

「実際に切断するのは来年の今日、それまで色々考えておきなさい」

M女「そんな事云われても・・・」※既に色々と思考が巡って顔が真っ赤

「今日はシュミレーションだから、右腕の表皮から真皮までをメスで切って止血・縫合」

M女「え、ちょ、真皮までって・・・」

「その後、肘から先を折畳んで肩から先を包帯で完全に巻いて、更に石膏で固定する。つまり肘から先が無いのと同じ状態だ。」

M女「ねェねェ、右腕だけ?だよね・・・」

「なんだよ、両腕の方が良かったのか?」

M女「ていうか、ほら、なんていうのかシュミレーション・・・だから?・・・」

「なんだ、ぐじょぐじょに濡れてるじゃないか」

M女「あ、だっ、ほら、あれ?・・・」※今迄見た事無い位に顔が真っ赤

---1年後---

M女「ねっ、ねっ・・・、今日、ホントにするの?」

「あぁ、カットするよ。ついでだから両腕にしよう」

M女「はぁ?右腕だけって言ってたじゃない」

「嫌なのか?」

M女「嫌って言うか・・・ほら、・・・ねェ?」

「心配するな、食事は餌皿に顔突っ込んで食べれば大丈夫だし、風呂は時々入れて全身くまなく隅々まで洗ってやる」

M女「それは、そうなんだろうけど・・・」

「トイレも今迄と同じで、時々浣腸してやるし、お前専用のガラスボウルトイレはいつも使ってる通りだ」

M女「それも、そうなんでしょうけど?」※なぜか嬉しそうな顔で可愛く言う。

「とにかく始めるぞ」

M女「ねェ、切った先の手って、どうするの?捨てちゃうの?」※少しあわてている感じで。

「剥製にして、オブジェとして飾っておこうかとね。重さや質感も完璧に再現したら、どんな感じだろうな?」

と言いながら麻酔が効き始めた右腕にメスを入れ、皮下組織を取り除くものと残すものを選り分け切除、止血、骨の切断、末端処理、縫合・・・

M女「あぁぁぁ切られちゃってるゥ・・・」

「剥製にするから、もう二度とくっつかないぞ」

M女「そんなぁ・・・」

「お前の筋肉って、どんな味がするのかなぁ・・・食べてみようか・・・」

M女「あぁ、龍様が食べてる、私、食べられちゃってるゥ・・・」

「血管も」

M女「あぁ、私の血管、どんな味ですかぁ?」

「コリコリして美味しいよ」

M女「あぁうぅ、有難う御座いますゥ・・・」

「この黄色い脂肪細胞の塊も食べてみようか」

M女「脂肪ってなんか恥ずかしいですゥ、不味くないですかぁ?」

「生暖かくて、ジューシーで、とっても美味しいよ」

M女「うぅぅ、、有難う御座いますゥ・・・私シィィ、逝っちゃいそうですぅ」

「まだ左腕が残ってるぞ」

M女「そんなぁ・・・逝ってもいいですかぁ」

「じゃあ、今日は特別に右腕だけにして、来月また左腕で一緒に楽しもうか」

M女「ありがとうございますぅ・・・また左腕でェ楽しんで下さイィ御願いしますゥ・・・逝っちゃうぅ逝くぅ」

「いっていいよ」

というと、彼女は痙攣しながら達してしまった。

私は、そっと唇にキスをしてから、輸血とドレーン菅の処理を済ませ、残った左手中指にサチュレーション(Saturation:血中酸素濃度計、同時に脈拍数も測定出来る優れもの)を取り付け直してから、布団を掛けて意識が戻るまで見守ってあげる事にした。右腕を剥製にするのは彼女の目が醒めてからだ。左腕はホルマリン漬けにしようって話してみる事にした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。