FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
女医

 先日、交差点を歩いている時に自転車にぶつかり右太ももの裏側に軽い怪我をしてしまった。交通事故にしてしまうと現場検証や救急車に乗ったりと大騒ぎに成り面倒かつ時間もかかるので、大丈夫だと相手に伝えて何も無かった事にした。

 実際たいしたことは無いと思ったのだけど、少し切れて血が出ていたのでどうしようか・・・と思っていたら偶然にも近くに開業医らしき個人経営っぽい整形外科がOPENの看板を歩道に置いていたので、その足で駆け込んだ(正確には右足を引きずりながら歩いてですが)。

 その病院、事務や看護師が女性ばかりなのはありがちだが、のみならず先生も女医が一人だけ、患者も女性ばかりで待合所の椅子は満席、つまりその場に男は俺一人・・・えぇ~と、女性専用の病院ですか?と質問しようと思ったら、受付の女性が普通に対応してくれたので、怪我した足を引きずりながら他の病院探しをせずに済んだ。

 よく見ると廃墟とまでは言わないけれど、古くて白いペンキが少し剥がれた木造建物にアルコールの匂いが漂う、以前書いた小説の保健室が現実化したのか?と思う様な、懐かしいような古いような、そんな病院だった。

 受付を済ませ、順番が来て診察室に入り、適当に経緯を説明した。本当の事を言うてしまうと人身事故扱いの交通事故になって保険が利かないし手続きも面倒なので一人でころんだ事にして状況説明し、患部を見せる事になった。

 ズボンを下ろして太ももの裏を女医に見せようとしたところ・・・

女医:『あら、まぁ、どうしたんでしょう、大変、これは、どういうこと?まぁどうしましょ・・・』

 え?突然どうしたの?医者なんだから、もう少し落ち着いて冷静に対応出来ないのかな?
 と思いながら

龍:『えぇと、ここなんですけど』

 と患部を指差していて気付いた、うーむ、このポーズは俺が普段M女に命令してるような姿勢とポーズだなぁ・・・

女医:『まぁ、大変・・・、ちょっと見せて・・・、これなら患部は縫わなくて大丈夫よ、代わりにテープで固定しましょう。消毒してガーゼも貼っておきますからね』

 と言って、顔を赤くしながら若干震える手でイソジンの様な消毒液で傷の周りを拭いて医療用テープで傷口を固定してガーゼを貼ってくれたのだけど、それが何だか下手糞だったので女医を御仕置きしたくなってきた、そんな雰囲気が漂う女医だった。結局、傷口は固定出来たけど、上からあてたガーゼはズボンを穿く前に半分剥がれてしまい、看護婦が手伝ったが看護婦もなんだか手が震えて上手く出来ない。これは二人ともお仕置きが必要だな・・・なんて心の中でつぶやいていた。

女医:『に、2~3日したら経過を観察しますので・・・、また来て下さいね?』

 念の為と称して抗生物質の処方箋が出た。つまり傷口からの雑菌感染防止という事だ。飲み薬と、ゲンタシンという抗生剤入り軟膏も処方された。

 薬局は隣に併設されていたドラッグストア内にあるというので、ついでにテーピング用の強力なテープを買ってきて半分剥がれたガーゼを自分で固定し直した。相手がM女だったら上手く出来るまで御仕置きして何度でもやり直させるのだけど、初対面の女医にそんな事は出来ません。そうそう、このテーピング用のテープは普段M女の手足を固定するのに時々買ってるのと同じテープだ。もちろん縄や拘束具も使うのだけど、犬プレイなんかには便利な拘束具になる。

 こういった普段のちょっとした出来事が、頭の中ではひとつひとつSMに結びついてしまう。これって末期症状かなぁ・・・

 その後、帰宅して着替えをしていて気付いた。
 下着(黒の綿素材のトランクス)の御尻のちょうど穴の辺りに穴がポッカリ開いていた。

 なるほど、女医は下着の穴を見て動揺したのかもな・・・

 プレイ用に開けた訳じゃないので(基本的に俺は受けじゃないので)、恐らく自転車と衝突した際に破れたのだろう。しかし、それっぽく見えるなぁ・・・女医と看護婦は何を想像して動揺し顔を赤らめ手を震わせていたのだろう?問い質して言わせてみたくなってきた。

 3日後の経過観察も同じ女医だった。というか、この病院は女医が唯一の医師らしく、他に2名の看護師と2名の事務が常駐して居るのだけど、看護師と事務は時間が来ると別の人と交代していたので少なくとも6人くらいは雇用している計算になるので個人開業医にしては贅沢な女医だが、そのぶん節約して建物が古いのかもしれない・・・

 その後、この女医と看護婦がどうなったかは、ご想像にお任せします。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!