FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えた奇譚クラブ臨時増刊号
奇譚クラブ 昭和33年(1958)3月号 P165
KK5803P175_1.jpg

この様に、3月号の広告として同年2月中旬発売予定の臨時増刊号[予告]が掲載されておりますので、タイミング的に既に準備万端整っている筈で、後は販売するだけの状態で予約販売広告が成されています。

しかし、この年の2月~6月迄に臨時増刊号が発売された形跡がありません。
出版されていない事は通刊番号や巻号によって明らかなのですが、こんな状態で急遽中止されたのは何故でしょう?

こういったタイミングでの予約販売は、市場調査(つまり予約件数から全体の売り上げ予測を立てる)であって、印刷機を回す回数を決める為のものだと思いますが、とは言え編集作業なども行っており表紙デザインも決定しているでしょうから、予約数が少ないからといって発売しないという事には成らないと思いますし、そもそも長期連載しており人気のある作品ですから予約数が少ないとも思えません。

しかし、その答えは、翌4月号本誌巻末に掲載されておりました。
KK5804P176_1.jpg
家畜人ヤプー』特集の臨時増刊号が登場しなかったのも同じ理由かもしれません。とてもプライドが高く拘りのあるMですね。それは、そのままM性の深さにもつながりますので此れを御せる人物にとっては手放したくない物に成りそうです。

しかし、ネット社会の現在でしたら予約した人に対して何ら了承を得ずに代替として四月号を送る事は無いと思われますが、当時は大らかな人が多かったのかもしれません。

では、その代わりの単行本はと言いますと、この約十二年後の昭和45年(1970)12月に『ある夢想家の手帖から』と題して都市出版社から丁寧に製本された単行本が発行されており、その単行本の巻末には天星社に対する御礼の言葉などが添えられています。なぜ12年後に成ってしまったかは著者の細部に渡るこだわりからではないでしょうか?商業的には同年発売された『家畜人ヤプー』単行本に便乗したという見方も出来ます。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。