FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短編小説:躾け
2年前に書いた短編小説です。
公開する予定は無かったのですが、昨夜、整理していて2年ぶりに見付けたものをパートナー(M女性)に見せましたところ、自分の事の様だと楽しそうに読んでいましたので掲載してみます。後半の数行は昨夜パートナーが追記した(私に内緒で追記していたのを私に見付かってしまい、あわてて途中まで消した様ですが・・・)ものも含めて掲載してみますw

---

沙耶「痛ぁい、イテテ、もぅ・・・いつも容赦ないよね、ていうか乳首の先から何か滲んで来たよ。」

周五郎「反対側も・・・」と言いかけて気付いた

沙耶「そう言うと思って、ほら、突き出したよ。」

周五郎「・・・」無言で反対側も責めた

沙耶「イテテ、もぅちょっと優しく出来なっつ、うぅ、痛っぁんっ・・・」

周五郎「次は下・・・」

と言うのと同時に

沙耶「はいはい、どうぞ」

と言ってツルツルに剃られた部位を突き出していた。

周五郎は、こんなやり取りが嬉しくも有ったが複雑な心境だった。

もちろん、沙耶にも素地というか素質が有った事は確かだ。でなければここまでの状態には成らない。

しかし我がまま好き勝手にやりたい放題だった沙耶を、従順で、しかも先読みして自ら進んで行動する様に成るまで仕上げたのは自分だという自負が有った。もちろん、それについては満足していたが、言葉使いや立ち振る舞いを矯正させるまでには至らなかった。

つまり、自分の徹底が足りない面もある。本来一番最初に手を付けるべき事柄でもある訳だが、それを怠り、ここまで引き摺ってしまったのだ。この段階に至った今、これから言葉使いや立ち振る舞いの矯正を初めてうまくいくだろうか?
と周五郎は思案していたが、その心配は無用だった。

沙耶はツルツルに剃られた部位を責められながらも

沙耶「ね、ね、ほら、ちょっと前にフィニッシング?とか調べろって命令してくれたじゃない?っつ、痛ぁ・・・」

じつは周五郎自身、こう言われるまで自分が命令した事を忘れていたので、ふいを突かれ、

周五郎「あっ、あぁ、それで?」

と言ってしまった。
沙耶はこういう時にスルドイ一面を見せる

沙耶「えっとォ、もしかして命令した事忘れてた?」

とっさに周五郎は、

周五郎「ちょうどその事を考えてたんだ。あまりにタイミング良過ぎたのでね。」

嘘では無かったわけだが、忘れていたのも事実、少々取繕っている様にもみえたかもしれず、こんな事で危うく立場逆転しかねない訳だが、強引に捻じ伏せた。

周五郎「それより、ケツこっちに向けろ」

周五郎は少しキツイ口調で命令し、表情も変わっていた。

沙耶は、周五郎の口調の変化を敏感にとらえて鳥肌が立った、そして次の瞬間、周五郎の表情を見てMのスイッチが入ってしまった。

沙耶「あっ、はい、そのあの”(&$#(”)!#’!”)(’#&」

沙耶は既に何が何だか判らなく成り始めていた。

Mのスイッチが入った沙耶の心は既に別の世界に居るので会話も満足に出来ない状態だ。

自分でも何を言っているのか判らないどころか、自分がどうなってるのかさえ判らない。

周五郎は、履いていたスリッパで沙耶の尻を3発ほど叩き赤く染めてから、

周五郎「何でお仕置きされてるか判るか?」

沙耶「あっ、すみません。ごめんなさい。」

辛うじて会話らしい返答に成ったが、実は偶然そうなったに過ぎない。

周五郎「俺は『何でお仕置きされてるか判るか?』って聞いてるんだよ。」

沙耶「いェ、違っ、あっ、そっ、つぅ、、、すみません。ごめんなさい。」

沙耶は、そう言いながらも至福の時を過ごしていた。
内心キタキタ、コレだよォ~と叫びたい気持ちを抑えつつ痛いんだけど意識が飛び始めていた。

そして半ば無意識に腰をくねらせ、せがむ様に腰を後ろに突き出し、周五郎を挑発した。

周五郎「お仕置きしてるのに腰くねらせて感じてるんじゃねェよ」と言って更に3発叩き込んだ。

沙耶「いェ、違っ、あっ、違っ、そっ、つぅ、、、ごめんなさいぃ」

周五郎「違うだと?何が違うか確かめてやる。」と言って後ろから股間を触ろうとした。

沙耶「いャあっ、違っ、これは、」

沙耶は意識が飛びつつあったが、ナゼか自分の股間がグチョグチョになっている実感だけは鮮明だった

沙耶「いャぁ、違ぅンですっ、これは、」

周五郎の手は容赦無く強引に股間にねじ込まれ、グチョグチョに垂れた液体を発見されてしまった

沙耶「いャぁ~、違ぅ違ぅ、違ぅンですっ、これは、」

沙耶は発見されてしまった事であきらめと恥ずかしさを往復しつつ、Mのスイッチが戻りかけもしたが、また叱って貰える期待と不安が襲ってきて満たされつつもあった。

周五郎「こんなに濡らしてるじゃないか、何が違うんだよ」と言って周五郎は更に3発叩いた。

沙耶「いャぁ、違わないですっ、ごめんなさい。」

沙耶は、もっと叩いてと大声で言ってしまいそうだったが、どうにか心の中の叫びで我慢していた。

それを察してか、その後、意識が何度も飛んでしまうまで沙耶は周五郎にお尻を叩かれ、そのたびに絶頂を迎えていた。

しばらくして気が付いた時には沙耶は周五郎の胸の中だった。

周五郎「おかえり」と言って優しく沙耶を抱きしめた。

沙耶「ただいま・・・」と言い掛けて「有難う御座いました」に言い換えて周五郎をぎゅっと掴んだ。

沙耶は既にMのスイッチも切れて素に戻っていたが「有難う御座いました」と言う事で、自分のM性を再確認し、また少し思い出して感じてしまい、無意識に腰をよじっていた。

周五郎は、それに答えて優しく抱きしめながらも第二ラウンドには突入せずに、会話を選んだ。

周五郎「そういえば、フィニッシングスクールに付いて、何か判った?」

沙耶「あれね、みつけたよ。こんな感じの所に行けばイイの?」

以前、西洋のフィニッシングスクールに相当する日本的な躾を学ぶ所を調べておくようにと言われていた沙耶は、その命令を忘れてはおらず、暇を見つけてはインターネットを使って調べていた。
調べ始めた当初は躾で検索してもペット犬の躾教室ばかりで、人間、特に大人の女性の躾をしてくれる所には辿り着けづにいたが、それがようやくそれらしい所に辿り着いた。

茶道や花道といった習い事からも日本的な躾を学ぶ事は出来たが、多彩な流派もあり個々に違いが有って難しい、けれども和服の着付けには流派による大きな違いも無く、立ち振る舞いも含めて教えてくれる躾重視の着付け教室を見付けていた。

沙耶「でもね、ていうか周五郎に教えてもらいたいな。」

周五郎「・・・」

沙耶「あ、やっぱ迷惑だったかな…?えっと、その…」

周五郎「いや、嬉しいよ。」

ふいに周五郎が無言になったせいか、沙耶はわたわたと忙しなく視線を泳がせながらも周五郎の反応を窺っていた。
周五郎は周五郎で、予想外のタイミングで嬉しい言葉を貰った為、再びふいを突かれる形となってしまったのだが、この事は沙耶には内緒にしておこう。

周五郎「せっかく調べさせたけれど…そうだな。一から・・・
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。