FC2ブログ
龍之巣
※警告※ 本サイトには性的・暴力的描写があり、未成年者の閲覧を禁止します ※警告※
奇譚クラブの原点を探る
 今回の記事は奇譚クラブの原点を探ってみようと思います。

 先日、昭和36年(1961)2月号を読んでいましたら250ページの編集後記に『グロテスク』の雑誌名が登場しておりましたが、原点を探る為の通過点として、まず最初に戦前のエログロナンセンスの波に乗って昭和三年に創刊された『グロテスク』というアングラ雑誌と『奇譚クラブ』を比較してみます。

雑誌『グロテスク』との比較


--表紙比較--

 下記の画像から判る様に雑誌『グロテスク』と『奇譚クラブ』創刊号の表紙が似ている事(特にの絵)が挙げられます。

左 奇譚クラブ創刊号表紙 - 昭和二十二年(1947) 十一月
右 グロテスク 第二巻 第二号 - 昭和四年(1929) 二月
KK4711P01.jpgGTS401P00.jpg

龍の絵比較(クリックして拡大すると良く判ります)
GTSKKP01.jpg
 耳の形、髭の垂れ下がり、背鰭の形、鱗の付き方、爪の形と本数、尻尾の形、どう考えてもグロテスクの表紙を見ながら描いたとしか思えないデザインです。但し、グロテスクの龍も何かを手本としている可能性が有り、同じ龍の絵を手本としている可能性も否定出来ません。

 戦前のグロテスクはカラフルですが、終戦直後の物資が不足していた時代に創刊された奇譚クラブが2色刷りに成っているのは時代背景を考慮に入れるとやむおえない当然の結果ではないかと思います。
 紙質はグロテスクが和紙を使い今でも白色をキープしているのに対し、創刊当時の奇譚クラブはカストリ紙と言われる粗悪な紙で、今では黄変し、かつ、ボロボロです。戦前の雑誌は紙質が非常に良いものが多く、現代の単行本よりも良質な紙が使われています。

--掲載内容比較--

奇譚クラブ 創刊号 目次、奥付
KK4711P02.jpgKK4711P23.jpg

グロテスク第二巻 第二号目次、奥付
GTS401P00_08.jpgGTS401P208.jpg

類似カテゴリ:
 刑罰:グロテスクでは世界残虐刑罰史、奇譚クラブでは第3号で江戸残虐拷問と刑罰など。
 人喰い:グロテスクが口絵で人喰い娘を描き、奇譚クラブでは創刊号で人肉の味と題した記事など。
 トランスジェンダー:グロテスクで変生男子之説として性転換の記事、奇譚クラブでは第2号で男妾、第3号で男娼。
 海外風俗:グロテスクではカーマスートラやデカメロンを紹介、奇譚クラブでは第3号で海外風俗めぐり。

著者のペンネーム:
 奇譚クラブで活躍した畔亭数久(クロテイカズヒサ、畦亭数久、数久操)は“くろてぃすく”又は“ぐろてすく”とも読め、またその様に読み仮名が付けられている事も有る様です(但し、だからといって雑誌『グロテスク』から名前をとったとは限りませんが)。


--出版形態と発行人の比較--

 雑誌『グロテスク』を発行していた梅原北明という人物は、出版法違反(風俗壊乱罪)などで昭和二年に罰金刑が確定し前科持ちに成り、併せて発禁処分を度々受けていますが発行所をグロテスク社、文藝市場社、談奇館書局という様に変えてアングラ雑誌を昭和八年まで発行を続けています(昭和八年からは時代背景などもあり、女学校の英語教師に成っている)。

 雑誌『奇譚クラブ』を発行していた吉田稔も同様にわいせつ物頒布罪で昭和27年に有罪が確定し罰金刑を受けて前科持ちに成り、併せて発禁処分を度々受けていますが発行所を曙書房、天星社、暁出版(大阪)というように変えて発行を続けています。

以上の様に、吉田稔は梅原北明の、ある種の模倣犯であったのではないか?と思えてきました。

しかし梅原北明の様な人物が女学校の教師に成るというのも、もし女学校の関係者周辺がその正体を知っていれば物議を醸したでしょうね・・・

雑誌『エロエロ草紙』との比較
※発禁本ですから直接見て真似るのは困難だったかもしれません。


昭和5年、上記の『グロテスク』と同じ時代、梅原北明と並んでエログロナンセンスの代表格とされる酒井潔が刊行しようとして発禁処分となった『エロエロ草紙』なる雑誌が最近密かなブームと成り復刻版が今年の6月に出版されました

ざっと見て頂けると判りますが、奇譚クラブが La Vie Parisienne の絵を多用したのと同様に La Vie Parisienne で活躍した画家の絵(又は模写)が多数有ります。

例1:
ERER018.jpg
この絵はエロエロ草紙18ページに掲載されている物ですが、奇譚クラブで活躍した畔亭数久に画風が酷似しています。この絵を見た瞬間、私(龍)は畔亭数久の絵だと直感したのですが、残念ながら酒井潔は昭和27年没である為、昭和29年頃から活躍し始めた畔亭数久とは別人であろうと思われます。何者かによるCheri Herouard作品の模写ではないかと思いますが、作者が記載されておりません。

例2:
000LVP002.jpgERER033.jpg
左は La Vie Parisienne に掲載されたオリジナルのGeorge Léonnec作と思われる絵、右はエロエロ草紙33ページに掲載された絵。良く見ると細部が微妙に異なりますので、酒井潔(又は他の誰か)が La Vie Parisienne 誌を見て模写したものと思われます。

例3:
ERER049.jpg
この絵は、左下に Léo Fontan のサインが有りますが、この人物もやはり La Vie Parisienne 誌で活躍した画家の一人です。エロエロ草紙の49ページに掲載されています。

法体系として著作権などが整備されたのは、かなり後に成ってからですから、エロエロ草紙が発禁とされた当時は著作権に付いては野放しだったのかもしれません。しかし戦後はサンフランシスコ条約に基づき連合国(つまりフランスも含む)の著作物に対しては戦前の物も含めて保護された様ですから、奇譚クラブに対しても何らかのアクションが有ったかもしれません。

--書き掛け--
 
結論


※書き掛けでありながら、結論を書いてみます。追記は結論に対する補強に成ってしまう可能性大ですが・・・

創刊当時の奇譚クラブは、二次大戦で途絶えていた戦前のエログロナンセンスの流れを踏襲・復活させ、特にエログロに特化したものを作ろうとしていたのではないかと思います。当時は未だSMという言葉が無くジャンルとして確立していませんでしたが、志向としてはアブノーマル・変態・SMといった物の先端を当初から目指していたと言えると思います。GHQによる検閲に屈するまでは・・・
初期の奇譚クラブに触れて
ご縁が有りまして通刊第7号(昭和23年5月号)の奇譚クラブが今、私の手元に有ります。
KK4805P01.jpg

目次
KK4805P02.jpg

左から順に、スキャン直後の生データ -> デジタル補修 -> 退色・色調復元
KK4805P01ORG.jpg KK4805P01FIX.jpg KK4805P01.jpg

半世紀を越えて人の生涯に相当する時を経た雑誌のスキャニングを仰せ付かりました。

既に表紙及び目次はスキャン済みですが、カストリ誌(カストリ紙)と云われるに相応しく、少しでも折り曲げようとすればボロボロと灰の様に粉々に崩れてしまいそうな冊子(表紙を含め36頁、9枚の紙を中綴じしたもの)を目の前にして、如何にしてページを捲り、スキャンするべきかを考えています。

このまま手を付けづに保存すれば、いづれにしろ放置してもボロボロに朽ちてスキャンすら出来なくなってしまうでしょうから、何とかして現状を維持しつつ綺麗にスキャンしたいと思っています。

候補として、

1:デジカメで撮影
2:ScanSnap SV600
3:Plustek OpticBook 4800

を考えてみました。

デジカメ撮影は意外に難しく、カメラの三脚と本を支え持つ譜面立てが欲しいところです。しかし、どうしても画像が歪む為、最終手段として考えています。

ScanSnap SV600 はデジカメ撮影と同様に離れた位置から本を撮影し、それをソフト的に平坦に加工するものですが、本を180度開いてしまわないと撮影出来ない難点が有り、かつ、それでも歪みは少なからず残ってしまう様です。

Plustek OpticBook 4800 は従来の普通のスキャナと本質的には同じものですが、スキャナの端枠が2mmと非常に薄い為、本を90度まで開けば歪み無く高精細に綴じ代の奥までスキャン出来る利点が有ります。
雑誌に見るサドとマゾ
 奇譚クラブの読者層は4:1の割合でサド:マゾだった様です(出典:雑誌で読む戦後史 ISBN4-10-600291-4 但しこの本には間違いが散見され真実かどうかは疑問 -> 具体例:圧迫の中で昭和30年、さすがの吉田も82号をもって休刊したが、マニアの熱望を拒みきれず、表紙を1色に自粛して30年10月号より復刊した -> 解説:実際は30年5月に80号で3度目の発禁処分を受け休刊、30年10月に81号として白黒1色表紙にて復刊するも翌11月の82号をもって再度休刊、31年4月に83号として再び復刊し以後ほぼ定期的に月刊販売しているという2段階のステップを経て復刊しており、休刊した号と一色刷りで復刊した号の記載が間違っている。他にも間違いが多々有るが、重要な点で言えばマゾ記事の登場は沼の登場と連動してるかの様に書いているが実態はA5版に成って早々にマゾ特集が組まれている等)。

 奇譚クラブの特徴として、サディスト向けの記事と、マゾヒスト向けの記事が両方掲載されているのみならず、男娼や男妾の様な男性同士の関係に付いて等、多種多様な掲載が有り、昭和変態文化全体の基礎と成っている点が挙げられるでしょう。

 後に登場した変態雑誌は、『サブ』の様な男同士に的を絞った物や、『Mistress』の様にマゾヒストに的を絞った物など、分野ごとに細分化されてゆきますが、これにより自分の見たい分野の情報だけを見る様に成り、逆に、あまり見たくない分野の情報が閉ざされてゆく効果も・・・テレビが専門チャンネル・・・

 ---書きかけ---
La Vie Parisienne と 奇譚クラブ の表紙比較
ここに掲載したのは、ほんの一部です。
主に Chéri Hérouard を中心とした複数の画家による分担作業で(構成、色塗り、背景など、現代の漫画家の様に作業分担をして)描かれていた様です。

--曙書房時代--
KK5207LVP.jpg KK5207P01.jpg

KK5209LVP.jpg KK5209P01.jpg

KK5311LVP.jpg KK5311P01.jpg

KK5401LVP.jpg KK5401P01.jpg

KK5409LVP.jpg KK5409P01.jpg
この表紙は、画像をかなり加工してある様です。模写かもしれません。

KK5310LVP.jpg KK5310P01.jpg


--天星社時代--
KK5704LVP.jpg KK5704P01.jpg

KK5903LVP.jpg KK5903P01.jpg

KK5904LVP.jpg KK5904E01.jpg

KK5906LVP.jpg KK5906E01.jpg

KK6003LVP.jpg KK6003P01.jpg

KK6009LVP.jpg KK6009P01.jpg
帽子の色が違います。

BKK6011LVP.jpg BKK6011P01.jpg

KK6107LVP.jpg KK6107P01.jpg

極めつけはコレです。
KK5502P01.jpgKK5502P01-1.jpg
“奇譚クラブ”の背景にLa Vie Parisienneの文字がハッキリ読み取れます。

天星社時代の後半以降は四馬孝画などが使われる事が多くなってきますが、私は、このLa Vie Parisienneの表紙と同じ絵を使っていた時期の奇譚クラブのデザインが好きです。
この時代は目次にも気の効いた(というか手の込んだ)挿絵が描かれている物が多く、全体としてのバランスも良くて気に入っています。
著作権的には問題が有りそうではありますが・・・
マイナス0.6度の傾き
スキャンした奇譚クラブの画像を見ていて気付いたのですが、
KK6006P06-2.jpg

右側のページがマイナス0.6度傾いて印刷されている物が多い様です。

試しに本を手に持ってページを開いてみますと、右から順に捲ってゆく際に、右ページ上側に若干力が入り、少し傾いて開いている(つまり下側より上側の方が開いている)状態に成りました。

この状態ですと、このマイナス0.6度の傾きが丁度良い具合に真直ぐに見えてきます。(もちろん個人差が有るでしょう)

とは言え、メチャクチャに傾いて印刷・製本されているページも有るので、当時そこまでの精度が出せる印刷・製本技術が有ったのか不明ですが、目次の様にページを跨った絵が有り、かつ1枚の紙を折って作られているページはページを開いた時の印象を大切にして細かな調節をしていたのかもしれません。

単なる印刷精度の問題かもしれませんが・・・